Category: 活動記録

日韓社会的企業セミナー

9月22日(土) NPO共同連主催の「日韓社会的企業セミナー」に参加してきた。

午前は、韓国の韓神(ハンシン)大学 イ・インジュ リハビリテーション学科 教授の「社会的企業の成果と課題」と題して講演。

午後は、日韓の社会的企業や社会的事業所運営を行っている方々のシンポジウム。

パネリストは

  • 障害者作業所から社会的企業として事業を行っている、リドリック代表 キム・ジョンヨル氏
  • 社会的企業の企業サポートを行っている、キョンギ広域自活センター イ・ビョンハク氏
  • 多摩地区で、所具会社が働く事業所を運営している、NPO法人あしたや共働企画 長尾 すみ江氏
  • 生活保護受給者の支援克江王を行っている、企業組合あ・う 中村光男氏
  • 社会的事業所促進法の法制化の状況について、NPO共同連 代表 堀和利氏

コーディネーターはNPO共同連 事務局長 斉藤縣三氏

で行われた。

パネリストの報告が終わったところで、厚生労働省の生活困窮者自立支援室長 熊木正人氏が到着。生活支援戦略 中間まとめとして、今厚生労働省で考えられている、貧困や社会的に排除されている人たちへの支援策について説明があった。

説明は来年度「生活支援法」を制定し、相談支援センターや就労準備センターの設立、中間的就労の場の創出など。

まるで、障害者自立支援法の説明を聞いているようで、厚生労働省でも、自立支援法の就労支援体系を意識しているようで、それに非常に似た形になるような話だった。

中間的就労の場は、直ちに一般就労が困難な人のために場を考えており、中間的就労の場は認定制度となり、これが共同連などが法制化を訴えている、社会的事業所とほぼ同じ考えであるということも、熊木氏から発言があった。

障害者自立支援法の就労支援体系が数字的には一定の成果を上げているように見えるが、それも一定の期間が過ぎるとより障害の重い人たちが残され、根本的な解決にはならないだろうと考えられる。

それと同じ支援体系を、生活困窮者に適用しても、そう簡単には機能しないように思われるが、社会的事業所の認定制度が始まれば、法人としても認定を視野に入れ、活動を続けていく必要がある。

共同連 全国大会 in 東京大会

2012年9月1日 2日 立教大学池袋キャンパスで開かれた共同連 全国大会に参加してきました。

1日目は全体会として、共同連事務局長斉藤さんの基調報告、北海道大学宮本太郎教授の記念講演。

IMG_4268

その後、元内閣府参与の湯浅誠さんを交えてのディスカッション。

2日目は7つの分科会と、3つの特別企画が開かれました。

詳細報告は、近日発行予定の法人の通信で行う予定です。

「いま、協同が創る2012全国集会」 実行委員会

昨日に引き続き、11月に開かれる「いま、協同が創る全国集会」の実行委員会に参加させていただきました。

各協同組合を始め、NPO法人、大学教授、映画関係者、障害者関係者など、様々な分野の方々が60人ほど集まり、集会へ向けての議論を深めました。

初めて参加をしたのですが、とても刺激的で、勉強になる実行委員会でした。

当法人が目指す、ともに生きる社会を創ることに向けては、様々な活動を行なっている団体個人の連携が重要だと改めて感じました。
障害分野についても、これまでの運動過程や運動方針を超え、障害者自立支援法に対して協同して対応してきたことで、一定の成果が出と同じように、今後の活動は多種多様な活動を互いに認め合いながら、協同できるところは積極的につながることが、非常に重要になると思います。

その後、会場を移し、労協連永戸理事長お手製の料理を御馳走になりながらの懇親会にも参加させていただきました。

こちらも、楽しく、刺激的で明日への活力をいただける会でした。

「協同」が創る2012全国集会 分科会実行委員会

11月に大宮ソニックで開かれる 「協同」が創る2012全国集会 の社会的排除に関する分科会の実行委員第一回会議に参加させていただきました。

実行委員には共同連の堀代表、きょうされんの菅井さん、埼玉障害者自立生活協会の植田事務局長、事務局としてワーカーズコープの方が参加されています。

一口に社会的排除と言ってもその範囲や考え方は幅広く、なにを持って社会的排除とするのかも曖昧。かと言って社会的排除が存在しないということもない。
広く社会に排除する構造ができているが、その中で排除されたと感じている人たちとどのように共に働き、ともに生きるかといったことが発信できる分科会にできるかなど活発に議論されました。

DPI日本会議全国集会inさいたま に参加

第28回DPI日本会議の全国集会がさいたま市で開かれ、竹内が参加してきました。

基調講演として、地元さいたま市の清水市長から、さいたま市のノーマライゼーション条約についての講演。

その後、障がい者制度改革推進本部の東室長から情勢についての講演。

さらに、その後2時間、きょうされんの藤井氏の司会でシンポジウムが開かれた。

午後は、5つの分科会が開かれたが、雇用・労働の分科会に参加した。

続きを読む

愛媛県での取り組み なんぐん

5月17日 共同総研研究所が主催した「四国最南の地で障害を持つ仲間や高齢者とともにーー共に働き、共に生きる」に竹内が参加させていただきました。

講師はNPOハートinハートなんぐん市場(http://www.nangun.org/) の理事で精神科医である 長野敏宏氏。

20120519-095832.jpg

精神科病院を中心に、社会的事業所を立ち上げ、障害者や高齢者がその担い手となり、地域にとって必要な事業所作りをしている取り組みの話がされました。

まさに、人生ここにあり!の日本版であり、私たちの法人が目指している形の実践している。

なんぐん の取り組みはダイナミックで規模が大きい。

当法人も、小さくても良いから、そのような実践ができるように努力を続けたい。

人生、ここにあり! 特別試写会

4月20日、労協さんが主催された映画「人生、ここにあり!」の特別試写会が川越市民会館が開かれました。

当法人からも理事2名、正会員2名の方の参加がありました。

映画を見て、社会的事業所の重要性を感じ、そのことを多くの人に伝えるため、映画の上映会開催を改めて決意した有意義な試写会でした。

労協さんありがとうございました。

中央労金 助成金 結果

年始に共同受注センターの調査研究費として助成金申請をしていた、中央労金さんから、選考結果についてのお知らせが届きました。

結果は残念ながら、選考からもれてしまいました。

ただ、諦めることなく次の手を考えようと思っています。

平成24(2012)年度 第1回通常総会終了

平成24(2012)年度 第1回通常総会が無事終了しました。

正会員12名のうち、出席会員10名 委任状2名 で開かれました。

総会提出の議案書はこちらをご覧ください。

 

総会後は隣のお店で、懇親会を開催。

こちらも7名の方の参加で大いに盛り上がりました。

 

 

共同連東京大会 実行委員結成集会

3月18日 東京赤羽会館で開かれた「共同連東京大会 実行委員結成集会」に参加してきました。

1部では東京都でホームレス支援をしているNPO団体の方の活動報告があり、様々な制度を駆使しながら、仕事お越しをし、働く場を作っている実践を聞くことができました。

まさに社会的事業そのものという活動で、今後の活動の参考になりました。

その後、東京大会の打ち合わせが行われました。

 

会議終了後、竹内理事と植田理事と両名は赤羽の焼き鳥屋でいっぱい傾けながら、今後の構想の話を・・・したっけ?

Recent Images Plugin developed by YD